(年少)おおきくなあれ

年少では大きな畑ではなく年少の園庭でプランターを使って野菜を育てています。各クラス2種類ずつ苗を植えました、小さな苗を見て「あれ?トマトないよ」と不思議そうにする子もいましたが、神様がくださった暖かい太陽の光とおいしいお水とみんなの優しい気持ちで大きく育つかもしれないねとお話をした後に「おおきくなりますように」と心を込めてお祈りをしました。

  

  

「おおきくなあれ」と野菜に声を掛けたり、たっぷりのお水をあげたりして生長を見守ってきた子どもたち。「おはながさいてる!」「ぴーまんあった!」と嬉しそうに話してくれる姿がありました。(あったのは立札のピーマンでしたが…笑)

 

  

  

 

そして!なんと!子どもたちの大きな愛情でおけら組のトマトが立派に育ちました。数個の実りでひとりひとりが食べれたのは少しでしたが「おいしいね」とみんなニコニコで分け合う嬉しい時間になりました。

まだまだ野菜たちは生長し続けています。今後も雨や太陽の光などの恵みを下さる神様に感謝の気持ちを持ちながら、子どもたちとお世話をしていきたいと思っています。

7