秋の遠足へ行ってきました!

先日幼児の子どもたちは秋の遠足で愛知牧場に出掛けてきました。その前からみんなワクワクが抑えきれず、「年長と年中は電車に乗っていくんだよね!」「電車乗るの楽しみだなぁ」「おやつもう買った?」「私は明日買いに行く!」「僕はクッキーとグミとラムネだよ!」と楽しみにしていました♪(あれ?おやつの話ばかり…)

そして金曜日の朝、さぁ遠足の始まりだ!みんな生き生きとした表情で出発していきました。年長は行きも帰りも電車に乗って

  

 

年中は行きは電車とバス、帰りはバスで

  

 

年少は行き帰りバスに乗って行ってきました。

  

 

年長の子が「年長って大変だよね!だってずっと電車に乗るんだもん!」なんて言いながら、ほんとはすごく嬉しそう♪お兄さんお姉さんの姿を見ながら、ずっと楽しみにしていたもんね。

愛知牧場はちょうどコスモスが満開でとってもきれい!みんなでコスモス畑を歩いて見たり、年長はコスモス迷路をしたりしました。

  

  

  

また各学年、動物とのふれあいを楽しんだり、動物クイズをしたり、

  

(マーラの鼻はこうやってピクピクって動いてる!)

  

  

  

  

  9

牛の鳴きまねをしてみたり(モォ~って鳴いたら、牛が返事してくれた!byやまもも担任)

空いた時間に年長の男の子が漫才ショーをしたり(してみようと思って観客を集めたけど、結局グダグダになってしまって年長女の子に「つまんない」って厳しいつっこみを入れられて撃沈したことは内緒…)して思う存分遠足を楽しんで過ごしていました♪

さて、みんなが楽しみにしていたお弁当の時間だよ~!

  

  

  

おうちの方には朝早くから美味しいお弁当を作っていただき、ありがとうございました。子どもたちは「僕は唐揚げが入ってた♪」「私も!一緒だね♪」と見せ合って、とても嬉しそうにお弁当を食べていました。また食後のおやつの時間は全員大盛り上がり!大事そうに自分のお菓子をひろげて食べたり、友だちや先生と交換をしたりして過ごしていました。お弁当が終わったら、そろそろ帰りの時間です!

年長の帰りの電車では、席に座れず立っていた友だちに対して「私が手を掴んでいてあげるね!」と座っている子が友だちを気遣う優しい姿がみられました。その心が素敵だね♪

どの学年もみんな遊び疲れて夢の中…。どんな夢を見てるのかな。

  

お忙しい中、帰りは幼稚園までのお迎えもありがとうございました。今回は普段使っている園バスだけではなく公共交通機関を使い、子どもたちの力で遠足に出掛けました。いつもとは環境の違う遠足に初めはドキドキしていた子も最後には笑顔いっぱい!「楽しかった」と帰ってきてくれた姿から全力で今日1日を楽しんで過ごしてくれていたように感じています。今回動物とふれあう中で自分より身体の小さい動物に対して「やさしくさわるんだよ」と子ども同士で声を掛けあったり「ぼくたちと一緒に遊びたいのかな?」と動物の気持ちになって考えたりする姿がありました。その姿は子どもたちが家庭や園で自分という存在が大切にされ、必要とされているという経験を積んでいること、またその喜びを知っているからこそ、話す事ができない相手(動物)にもその気持ちをもってかかわることができたのだと思います。また日頃園で動物とふれあっている経験があるからこそ、動物が苦手な子も頑張って自分から触ってみる姿やポニーや羊など自分より大きな動物にも優しく触れてすぐに仲良くなっている子の姿が多くみられていました。今回の経験を活かし、これからさらに幼稚園の動物とも仲良くなれるかな?!楽しみです。翌週の月曜日、登園してすぐに友だちと「金曜日の遠足楽しかったね」と話している子を発見!子どもたちの心の中にはまだまだ遠足の思い出がしっかり残っているようです♪

お・ま・け

年長の帰りの電車で卒園児のお父さんと遭遇!電車の中ではまるで引率の先生かのように、子どもたちのお世話を最後までしてくださいました。お父さんありがとうございました!

15