おかえり小学生!

先日10クラスのクリスマス祝会を行いましたが、幼稚園のクリスマスはまだ終わりません。

受付にはたくさんの名札が並び「子どもたちはまだかな~」と心待ちにしていました。

ということで、今日は小学生になった子どもたちがあそびに来る、卒園児クリスマスがありました。1・2年、3・4年、5・6年の3回に分けてクリスマス会を行います。

続々と受付にくる子どもたち。おかえり~!久しぶりに会う友だちや先生との再会を喜ぶ子どもたちの姿がたくさん見られました。でも中には「あ、こんにちは…」とちょっとよそよそしい子どもも。幼稚園の頃はあんなに甘えてきたのに~!と体だけではなく、ふるまいもちょっと大人っぽくなっている姿もあり、成長が感じられました。

そしてどの学年も最初はみんなで集まって礼拝をしました。思い出しながら幼稚園で歌った讃美歌をまたみんなで歌いました。

献金もしていただきありがとうございました。祝会の献金と共に、各所施設や団体へ寄付をさせていただきます。

  

そして礼拝を終えると、1~4年までは保育室に移ってまずは自己紹介。

行っている小学校や、いま頑張っていることなどをそれぞれ発表して、ケーキをいただきました。

  

最後にはみんなでゲームを楽しみました。1・2年生は「なんでもバスケット 井上バージョン」ということで、「ようちえんで ないたことがあるひと」「ねんちょうのとき 〇〇くみだったひと」など幼稚園に関わることもあれば、「おとうとがいるひと」「てすとで100てん とったことがあるひと」などが書かれたくじを引いて該当する子が移動するというゲームをしました。

  

3・4年生は「おえかきリレー」をしました。

  

一つの紙に6、7人のグループで一人8秒ずつで描く人が変わっていき、みんなで絵を完成させるというゲームです。そして描くものを知らない先生が審判として何が描いてあるわかれば勝ちということで、友だちと協力して、楽しんで絵を描く姿はとても微笑ましかったです。

  

そして5、6年は人数が少ないので、みんなでつながるーむで過ごしました。つながるーむでみんなの前で堂々と自己紹介する姿はさすがでした。

  

そして楽しくおいしくケーキを食べた後は…

  

「わたしはだぁれ?」というゲームをしました。背中に何か書いてある紙が貼られるのですが本人はなんて書いてあるかわかりません。それを「わたしは いきものですか?」など違う人に質問し、質問されながら、自分の背中に書かれているものを当てていくというゲームです。これがなかなか難しい!いろいろな友だちや先生と関わりながら楽しくゲームをして過ごしました。

1、2年生は136人。3、4年生は78人。5、6年生は54人と総勢268人という本当にたくさんの子どもたちがあそびに来てくれました。やはり年齢が上がるにつれ参加人数が少なくなるのは少し寂しい気もしますが、部活や学校、習い事やあそびなど、それだけ他の部分が充実してくるからこそだと思いますので、そうした部分も成長だと嬉しく思い、応援していきたいと思います。

  

また退職された先生たちもあそびにくれました。母になったり、他の職場で頑張ったりとそれぞれ新しい道を歩んでいる先生たちのますますの活躍と健康も祈っています!またあそびに来てね!

職員も毎年卒園生に会える貴重な機会としてこの日をとても楽しみにしています。幼稚園の事を思い出しながら「幼稚園の頃はね~…」なんて話があちこちで聞かれました。今ではそれぞれの生活、活躍の場が違いますが、またいつでもこうして子どもたちが集い、帰ってこられる、幼稚園がそんな場所でありたいと改めて感じる時間となりました。

これからの子どもたちの日々の歩みが、豊かなものになりますことを幼稚園よりお祈りしております。

また残念なことに体調不良や、病気などで今日来られなかった子どもたちも数名いましたので、そんなお子さんの健康もお祈りしております。

あそびに来てくれた小学生の皆さん、ありがとうございました!

13