心を一つに…

朝の外あそびを終え、一度保育室に戻って、朝のサークルを済ませてまた園庭に集まった年長の子どもたち。今日は何をしたかというと…

年長になって2回目の竹取り対決をしました!

以前行った後もしばらく勝敗の話や「次はまけない!」「〇〇くみにはぜったいかつ!」など、意欲をみなぎらせていた子どもたち。

   

今日は各クラスでかけ声やちょっとした作戦なども考えて挑みました。

    

  

白熱の戦いが繰り広げられ、最終的な結果は…なんと3クラスとも綺麗に1勝1負という結果になりました。かなり力が拮抗していてよい感じです。これから作戦次第でまた結果が変わっていくのが楽しみですね。

そして子ども同士の対決の後は恒例の子どもVS大人です。急遽お迎えに来ていたお母さんにもお手伝い頂き結果は…大人の勝ち!中には悔しさのあまり号泣するこどもも。しかしこうした悔しさが、次への意欲や子ども同士の団結に繋がることと思うので意味ある敗戦になってくれれば、と考えています。(子ども85人VS大人5人はかなりしんどかった!笑)そして驚かされたのは、「なんで負けちゃったと思う?」とこどもに聞いてみると「みんなの心が一つになってなかったから」なんて素敵な言葉が。ハッピーデーに向けてだけではなく、こうした活動やあそびの一つ一つが友だちとの繋がり、協力する楽しさ、目標を達成する充実感に繋がってくれることを願っています。

 

そ・し・て…

準備も片付けも友だちと協力して行ってくれる年長の子どもたち。本当に大きくなったね!

8