花の日がありました

朝からとても良い香りが保育室から漂ってきます。今日はみんながお家からお花を持ち寄ってきてくれました。今日は花の日礼拝がありました。

花の日とはキリストの教会行事の一つで、6月第2日曜日の「花の日」に子ども達が教会に花を持ち寄って花を飾り、神さまに感謝しながら子どもたちと一緒に礼拝の時をもっていた事が起源だとされています。「子どもの日」とも言われ、幼稚園でもこの花の日に各家庭から持ち寄った花を花束にして、日頃からお世話になっている人に、みんなで持ち寄ったお花と、感謝の言葉を伝える日として子どもたちと過ごしています。

子どもたちが登園するとつながるーむに集まりみんなで礼拝をしました。すでに年中さんが作った花束がつながるーむの中央に並べられ、たくさんの花に囲まれていつもとは少し違う雰囲気のつながるーむになりました。

  

  

年中、年長は役員さんにお手伝いして頂きながら、自分で好きな花を選んで、花束を作りました。

  

  

年少さんときいちご組の子どもたちも好きな花を選んでオアシスにさし、みんなで1つのアレンジメントを作りました。

  

  

素敵なアレジメントが完成しました!

そして礼拝を終えると各クラスごとに訪問先へ向かいます。

くるみ組は内科検診でもお世話になっているあかり浄水こどもクリニックと交番。

  

「いつもまもってくれてありがとう」「いつもびょうきをなおしてくれてありがとう」

くすのき組はハッピーデーや園外保育でお世話になっている井郷スポーツクラブと消防署。そして先月までバスの運転をしていただいていた森田さんの所へ。

  

「いつもありがとう」

「いつもたすけてくれてありがとう」

「いつもうんてんしてくれてありがとう」

やまもも組は毎日美味しい給食を作ってくださっている給食センターへ。

「いつもおいしいきゅうしょくをつくってくれてありがとう!」

年長の子どもたちは先日訪問した福祉施設へ花束を持っていきました。歌をうたったりふれあい遊びをしたりとお邪魔させていただいておりました。

  

 

「いっしょにあそんでくれてありがとう」

「みまもってくれてありがとう」

年少の子どもたちは一番身近な、職員室の職員やバスの運転手さんなどに花を贈りました。みんなで職員室に先生を呼びに来て…

  

「いつもありがとう」

  

そのあとは一緒にふれあいあそびやリズムを楽しみ…

  

  

おにぎりも一緒に食べました!!

  

きいちご組の子どもたちも部屋でアレジメントを作り、いつも給食を作ってくださっている魚国総本社の職員の方に渡しました。

  

「いつもおいしいきゅうしょくをありがとう」

花の日の礼拝だけではなく、井上幼稚園では毎日のサークルの中で礼拝の時を持っています。「やさしいてんのかみさま・・・」からはじまり「今日も気持ちのいい朝をありがとうございます」「恵みの雨を降らせて下さりありがとうございます」「今日も美味しいご飯をありがとうございます」「今日も一日楽しく過ごせました。ありがとうございます」「お休みしている友だちが早く元気になりますように、神さま守っていてください」等々。日頃当たり前のように過ごしているけど当たり前のまま過ぎていってしまうことがほとんどだと思います。幼稚園では子どもたちとそんな当たり前のことを忘れないように、日々子どもたちとどんなことをお祈りしたいかを話し合い毎日過ごしています。も人も神様から与えられ、守られ、愛されて育ってきたことを忘れずに、神様からいただいた恵みをみんなで分かち合い、そして日々の当たり前のことに目を向け感謝しながら過ごしていきたいと思います。

  

そして最後になりましたが、今日も朝早くから役員のお母さんたちにたくさんのお手伝いをしていただきました。こうして幼稚園にお力添えいただいたおかげでとても素敵な時間を過ごすことができました。改めて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

26