宝箱の中は…

みんなで宝探しをしていた年少さんたち。(先日の「なぞのたんけんかより…」ブログ参照)なんとハッピーデーの中で宝物が見つかりました!!(保護者の方もご協力ありがとうございました)「カギがあるじゃん!」「はやくあけたい!」とわくわくしていた子どもたちですが「今度幼稚園であけてみようね~」と当日は中身が見られませんでした。

そして今日、楽しみに登園してきた子どもたちの前に宝箱が登場!なにが入ってるんだろう!と期待に胸を膨らませていました。先生がカギを差し込んで…緊張の瞬間です。。。

      

「わぁぁぁぁ!」

  

「すごーい!!」

      

「どんぐりがいっぱい!」「まつぼっくりも!」

  

箱の中身にはキラキラ輝くどんぐりや松ぼっくり、もみじばふう等の自然物がたくさん入っていました。とっても嬉しそうに見ていた子どもたちに「これどうやって使おう?」と聞いてみると「お母さんに見せたい!」「ネックレスにしたい」「コマを作りたい」と色んな声が聞かれました。宝探しからカギや地図、手紙が見つかり探検隊に変身した子どもたちがやっと見つけた宝物。製作に使ったり、飾ったりしようかな?また一緒に考えていきたいと思います。

 

(お・ま・け1)

実は最初の頃宝箱の中身は決めていなかった先生たち。色々と考えましたが「宝と言えば…お金?」「金銀財宝?愛?家族?」と大人らしい考えしか浮かばず…しまいには風船を飛ばしたい発言もあったり、キラキラの星を作ってみたりと先生たちも頑張りましたが子どもたちにさりげなく「宝物なんだろうね?」と聞いてみると「どんぐりがいいなぁ」「かいがらかな!」「まほうのらんぷがほしい」との声が。子どもたちのかわいい答えに恥ずかしくなった先生たちでした。(みんな、そのまま大きくなってね…)

(お・ま・け2)

中でも一番声の多かったどんぐりを入れることに決め、公園で拾ってきたり、夜な夜なスプレーをかけては「きれい!」と自画自賛でした。(真面目に仕事していますよ)

  

 

22