おじいちゃんおばあちゃんの会がありました

17日から今日まで3日間、各学年のおじいちゃんおばあちゃんの会がありました。普段は家庭でしか会えないおじいちゃんおばあちゃんが幼稚園に来てくれるとあって、子どもたちも朝から大興奮!

「私のおばあちゃんは着物を着てくるよ!」「ぼくはおじいちゃんとおばあちゃんがくる!」と嬉しそうに話してくれました。

まずはつながるーむで一緒に礼拝をして過ごしました。子どもたちに「おじいちゃんおばあちゃんの名前を知ってる?」と尋ねると、はい!と元気に手を挙げて「じいじとばあば!」と答える子(そうだよね、いつもそう呼んでるもんね)、「○○ばあちゃん!」としっかり名前が言えた子もおり、可愛らしい姿におじいちゃんおばあちゃんからは温かい拍手とつながるーむはみんなの笑顔がいっぱい溢れていました。

    

そしてお部屋では年少はふれあいあそび、年中と年長はいつもの幼稚園での部屋あそびを一緒にしたり、おてだまやあやとり、折り紙を教えてもらったりした後にふれあいあそびをして過ごしました。

    

    

    

おじいちゃんおばあちゃんが来てくれたことが嬉しくて、いつも以上に張り切って力を発揮している子もいれば、照れてしまっておじいちゃんおばあちゃんにくっついている子、泣けてしまう子、ずっとニコニコ笑顔で過ごしている子など姿は様々でしたが、子どもたちにとってこの3日間はおじいちゃんおばあちゃんと過ごす、とても特別な時間になったことと思います。またなかには用事があり、おじいちゃんおばあちゃんの会に来られなかった祖父母の方もいらっしゃり、一緒に過ごすことができないお友達を気遣って、ご自分のお孫さんと一緒に遊んでくださった方もいらっしゃいました。遠くからまた近くから子どもたちのために足を運んでくださり、共に楽しい時間を作り過ごして下さった祖父母の皆さま、本当にありがとうございました。

  

帰り際、2階の窓から帰るおじいちゃんおばあちゃんに一生懸命手を振る子どもたちと、その姿を嬉しそうに見つめ手を振り返しているおじいちゃんおばあちゃんを見て、心が温かくなった瞬間でした。また来年もおじいちゃんおばあちゃんの会を楽しみにしています!

10